これが私の究極の美容法だ!

女性の美容に関する方法は沢山ある。

外側から施す方法もあれば内側から施す方法もある。その内側から施す方法の中で今一番興味があるのは子宮活だ。子宮活について20代から知り始められれば良かったと思う。もっと若々しく楽しく幸せに満ち溢れた時間を過ごせたのではないだろうか。しかし、過去を振り返ってもそこに戻りそれを取り戻すことはできないので、折り返しが始まった人生を若々しく楽しく幸せに過ごす方法を考えた方が良い。子宮活に興味を持ったのは子宮委員長はるさんの存在だった。友人から子宮委員長はるさんの本が良いと教えてもらった。早速購入をして読んでみた。とても感動をした。子宮活をすることで体も心も健康になると考えてもみなかった。それからは貪るように子宮委員長はるさんのブログを読み、実践できることを始めた。

最初に取り入れたのはおまたカイロだった。布ナプキンの裏にミニ貼るカイロ貼って子宮を温めていく。布ナプキンは元々使っていたのですぐに始めることができた。思い返せば不妊治療中によもぎカイロを使っていた。どうしてこの時に子宮を温めることが大切だと気付かなかったのだろう。次にあまり公に言うことはできないが、一人で性欲を満たす方法を心おきなくやってみた。女性が一人で性欲を満たすというのは世間的に公言できないことから心の中でタブー感があった。子宮委員長はるさんを知って2年が経過しようとしている。子宮活は今もこれからも続けていくつもりだが、ここで新しい知識を知ることになる。

『ちつのトリセツ』『潤うからだ』という本で、膣の大切さを知ることだった。膣をケアすることはアンチエイジングや更年期障害を防ぐ効果がある。膣のケア方法が書いてある本だ。本の中にも書いてあるが、外側をケアする方法は沢山出回っているが、内側をケアする方法は見かけることがない。外側をケアすることには限界があり、根本的に内側をケアしてこそであると本を読んで感じた。人間らしく生きることの大切さを提唱している若杉友子さん、通称:若杉ばあちゃんも『子宮を温める健康法』という本を出版している。これからの時代、女性はもっと体の内側、子宮から幸せになっていく必要があるのかもしれない。そして、いつの日か女性の美容にとって一番必要なことは子宮活であるいうことを大きな声で言える日がくるのかもしれない。これからの未来がある女性には是非子宮活に取り組んでもらいたいそう思う今日である。

※ちなみに私はチャットレディの大手サイトでアダルトチャットレディをやっているので別の意味でもこの美容法は重要なのである(笑)